サラ金や街金などの店舗窓口に融資の申込をしてきた顧客に対して

「うちでは条件があわないので融資出来ない」

と言いつつ他店を紹介し、その紹介料として法外な金額請求してくる融資業者のことを「紹介屋」と呼びます。


手口として個人情報を「審査」の名目で聞き出します。
主に自宅住所や電話、勤務先、実家など親族の連絡先などです。

『知り合いに融資取引データを操作できる立場の者がいますので、なんとか借りられる様にしましょう』
などと、裏ルートを駆使するような口ぶりで安心させ、実はツテでもなんでもない比較的柔軟な融資審査を行う別のヤミ金に誘導しているだけ。

そうして債務者が得た融資額の数割を手数料として受け取る手口を使います。

時には同系列内で顧客をたらい回しにして儲けをむさぼる業者も存在します。

資金繰りに困窮している債務者からしてみれば、
『審査が通った!融資を受けられる!』
ただそのことが喜びのように感じますが、お金を融資してくれた業者がやみ金だと知った矢先、地獄への門を叩いたことを知るのです。

意図せぬ契約先がヤミ金であったなら、迷うことなく専門家へ相談してください。
素人がヤミ金業者と手を切るのは至難のわざですから。

誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。
→ 公式サイトへ
▼今すぐ相談するなら

通話無料の相談ダイヤル
0120-566-276