個人情報信用機関のブラックリストに登録されると、その後いくら新規でローンを組もうと思っても、その情報が仇となり融資審査に受かりにくくなるといいます。

基本的に、契約中のローンやクレジットの支払いを延滞したり、引き落としの際の残高不足で未払いになるなど、返済に関するトラブルが2~3回続くと、返済能力が乏しいとみなされ、ブラックリストに登録されてしまいます。
ブラックリストへの登録申請は全て企業側に一任されており、基準は企業によって違います。
そのため、たった1度の延滞でブラック登録申請を出すところも実際にあるのです。


ではブラック登録されてしまった人は、もう一生融資をうけることができないのでしょうか?
でも、そうだとしたらマイホームやマイカーのローン申請の時に困りますよね。
ブラックリストは一定の年数が経てば削除されますのでご安心を。

しかし、ブラックに登録されている期間中に、お金に困った場合、どうやって乗り越えたらよいのでしょう?
もちろん正規銀行や消費者金融の融資審査には確実に落ちてしまうでしょう。

そんな顧客を狙って貸すのがヤミ金なのです。

「他所では借りられないブラックの方でも、うちなら特別に貸しますよ」
特別扱い的な付加要素をちらつかせ、少し高い金利で融資を勧めてきます。
人の弱みや困りごとにつけこんで、融資勧誘を仕掛けてくるのはヤミ金の常套手段です。


誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめ。
→ 公式サイトへ

▼今すぐ相談するなら

通話無料の相談ダイヤル
0120-566-276