『海外金融会社なら、ブラックリストに登録されている方も安心!
300万までなら確実に契約できます!当社が貸金申込代行致します。
海外との手続きにつき、融資金の振込みは申込みから2ヶ月を要します。』

最近、このようなメールが届くようです。
実際にブラック登録されていて融資をどこからも受けることがない方であれば、
「そうか!海外があった!助かった!!」と思うかもしれませんね。

しかし、冷静に考えてみれば、人の弱みに付け込んだ商売をするのが『闇金』という悪徳商売人です。
今回のこの「海外融資説」もやはり闇金業者の罠だと思って間違いありません。

そもそも海外の金融機関からお金を借りる場合、その国の居住権が必要となります。
稀にその金融機関の口座を持っていれば居住権を問わない場合ももちろんあるようですが、
何百万ものお金を無条件で借りられることなどありません。

優良な金融機関であれば、けして帰ってくる見込みがない人には貸しませんから。

融資金を手にするまで2ヶ月かかるのですから、手数料を持ち逃げして音沙汰がなくなる典型的な詐欺の手口ともとれます。
あなたが英語に堪能であるなららば、融資先の外国の企業へ電話してみるのもいいでしょう。
おいしそうな話にむやみに飛びつかないことです。


誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめ。
→ 公式サイトへ

▼今すぐ相談するなら

通話無料の相談ダイヤル
0120-566-276