「ヤミ金へ度々借金作っていた旦那との離婚が先月成立して、旦那が荷物を全部置いたまま出て行きました。でも翌日からスーツにサングラスをした男性が複数で旦那のところへ訪ねてくるようになり、電話もかかってきます。旦那の住民票などはまだ家にあります。離婚したこと、旦那はもういないことを伝えても、取立てが止みません。どうしたらいいのでしょうか?」

引越しや表札を旧姓に変えることも効果的ですが、事情によってすぐに対応できない方もおられます。
他にも、『職権消除』という手段があり、役場で手続きを行うことができます。
「この人はもうここに住んでいません」と役所に申し入れて、許可が下りれば住民票から消してもらえる制度です。

それにしてもヤミ金の取立て行為が連日連夜に及んだ場合は、脅迫罪などの犯罪行為としてみなされることもあります。しらずのうちに保証人として契約されている可能性もあります。ヤミ金問題は放置せず警察や専門家へ相談して下さい。

誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめ。
→ 公式サイトへ
今すぐ相談!通話無料の相談ダイヤル0120-566-276